レディー

保育士を目指す人はいざ学校へ向かおう|探究心が必要なのです

試験日を確認

女の人

行政書士試験の勉強として

行政書士試験を受けようと思ったら、まずは試験日を確認することが必要です。日にちによっては、その年の試験を受けられないこともあります。願書の申し込みが過ぎているならば、次の試験を目指すことになります。 行政書士試験の試験科目は、憲法や民法、行政法、商法、会社法など、いろいろな法律の知識が必要になってきます。それぞれの法律で、問題数も違ってきますので、それらを把握してどういった試験対策を立てていくのかが重要になってきます。専門の学校に通うことで、これらの対策も立てていくことが可能でしょう。何に重点を置いて勉強していけばいいのかも教えてくれますので、効率よく勉強することができます。直前期などの不安な時期も、講師に相談することで乗り切ることが可能かもしれません。

いつどういった勉強をするのか

行政書士試験は、いつもは試験が11月にあります。なので、その日程に合わせて勉強をしていくことになってきます。いつから試験勉強を始めているのかでも、どういった勉強計画を立てればいいかは変わってきます。 行政書士試験を受ける年の4月頃までに勉強を始めているならば、だいたい夏ごろには網羅的に勉強を終えている必要があります。まだ細かい部分の知識は定着していなくても、一通りの勉強は終えておくといいでしょう。そこからまだあやふやだった知識や、細かい部分の知識を取り入れていくといいのではないでしょうか。 どういった時期にどのような勉強方法を取るのかをあらかじめ決めておくことで、後々勉強方法に迷うことも少なくなります。